YouTubeチャンネルはこちら

10年に一度の寒気に備える畑

皆様こんにちは、安田雄輝です。

天気予報で10年に一度の寒気が流れ込むという予報が出ています。太平洋側でも、積雪の恐れがあるとか。

最近、畑が猫などにやられてしまい、次は寒気がやってくるので、対策をどんどんやらなければなりません。

今日は、早生のタマネギとにんにくに鶏糞を追肥しました。その後に、もみ殻を保温のために苗の根元を中心に撒いて、上から防虫ネットを張りました。

防虫ネットの網目は0.75mmのをカインズで購入しました。ホームセンターで売られている防虫ネットは、目掛が1mmの物が多いです。

網目が細かいのは値段が高いです。0.75mmだと大体20mで5000円くらいしますね。カインズは品数多いので、0.75mmの防虫ネットも常時在庫があります。

僕が0.75mmの防虫ネットを選択したのは、将来的に他の野菜にネットを掛けたときに、アブラムシも防ぎたいからです。

アブラムシも防ぐためには、0.8mm以下である必要があります。この前、農具屋さんでカタログ見せてもらって、防虫ネットにも色々種類があることを学びました。

防虫ネットは寒気対策としては、きっと不十分だと思いますので、それを補うためにもみ殻を使いました。保温のためなら本来は不織布とかですよね!

タマネギの定植が12月中旬になってしまったので、根っこがどれだけ成長しているか不安です。一か八かの野ざらしよりも、やることはやったほうが後悔は少ないはず。

これで12月を無事に乗り越えられるでしょうか?

今後の更新にご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
安田 雄輝
千葉県木更津市在住。化成肥料や農薬を可能な限り使わないで野菜を育てています。新鮮で美味しい野菜を食べたい。虫やイノシシが沢山いる場所で生活してます。大人から野口幸太ピアノ教室に通い、自分の好きな曲を弾けるように練習をしています。