最新情報はこちら

ZOOM F1-LP レビュー【1年以上使ってみた】

ZOOM『F1-LP』をYouTubeの音声をしっかり録音したいときに使ってました。感想として、僕は使いやすいと思ってます。

ビデオカメラのショットガンマイクだと指向性が強すぎて、動きがある撮影だとこういったレコーダーが便利です。

ワイヤレスで飛ばすやつも購入を検討していたのですが、ワイヤレス(B帯)は、周辺環境の電波で影響が出ると同業者から聞いたので、レコーダータイプを買いました。

本体の写真やレビュー

上の画像は、付属のマイクにモニター用のイヤホンを接続した状態です。マイクはネジ式なので、しっかりと本体と固定されます。撮影中に抜けた事は無いです。

これが電池を入れる場所、PCに接続する端子、ボリュームです。
単4電池2本を使うのですが、電池の持ちはそんなに良くないです。
音声を録音したらSDカードを一々取り出す必要はありません。ケーブルでPCに接続してデータを取り出せます。電池は見た目通り少し入れにくいです。蓋の爪が弱そうなので慎重に開けます。

これが電源部分とSDカードの挿入口です。録音を開始したら、ホールドに合わせると誤操作を防いでくれます。

背面のベルトクリップです。ベルトクリップはネジで留めているので、必要なければ外せます。
クリップが金属製でしっかりしているので、壊れにくそうです。太めのベルトでもしっかり固定できました。

電源を入れるとこんな感じです。録音フォーマット、ローカット、リミッター、録音のレベル、その他にもSDのフォーマットなど、このあたりは取り扱い説明書を見て頂ければと思います。
ちなみに右下の赤い丸が録音ボタンです。編集ソフトのPremiere Proで読み込めて、カメラの音声と同期できました。

機材投資は終わりがない沼

マイクって本当に高いですよね。撮影機材に投資を始めると、無限にお金が無くなると思います。これを読んでいる方がまだ駆け出しのYouTube投稿者であるなら、機材に投資するよりも、声を頑張って張るとか、なるべくお金を掛けない工夫を試して、それでも駄目なら機材に頼ってみてくださいね。ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

シェアして頂けると嬉しいです!
ABOUT US
安田 雄輝代表
当ブログは複数のライターで運営しています。大学で救急救命士取得→新卒で消防に就職→2年11ヶ月で退職→在宅診療所→輸血用血液輸送→フリーランス→自由な時間を得る。企業向けYouTube動画クリエイター兼ブロガーをしながら生きています。