YouTubeチャンネルはこちら

濡れた土の畑で畝を立ててはいけない

皆様こんにちは、安田雄輝です。

今日は短い記事を書きます。

畑仕事で絶対やってはいけない事があります。それは何かというと、畑の土が濡れている時に畝立てをすることです。

なぜ、土が濡れている時に畝立てをしてはいけないのか?理由はとても簡単です。

土が乾くと岩のようにゴロゴロして、野菜が育たない畝になるからです。こんなに固い土だと、根っこが育っていきません。

下に写真を載せますが、この畝は雨が大量に降って、畑の土が生乾きの時に立てた畝です。

この土の塊は、手で触っても、そう簡単には解れてくれません。こうなってしまうとお手上げです。せっかく畝を立てても、作業はやり直しになります。

この立てた畝をどうしたかと言うと、荒業ですが耕運機で耕しました。高畝の上を耕運機で無理くり耕して、土を解す作業を今日はしてきました。

畝を復活させることはできました。当たり前だとは思いますが、皆様は雨や土が湿っている時に畝立てするのはやめましょう!(笑)

という訳で以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US
安田 雄輝
「YouTubeコンサル・動画制作」をしています。/※経歴:消防(救急救命士)➡在宅診療所➡献血供給事業団➡YouTubeクリエイター/大人からピアノを始めチャンネル登録者1000人/夢は子供がやりたい事を経験出来る場所を沢山つくること