最新情報はこちら

スマホでピアノ演奏上手に撮る方法

iPhoneでピアノの演奏を撮りたい」
スマホのカメラ設定がわからない」
アングルどうしたら良いか悩む

こんな悩みを持っている方に向けて記事を書いていきます。僕はiPhoneでピアノ演奏を撮影して、YouTubeで1万回再生を超える動画を作ることに成功しています。

この動画は、全員の手持ちiPhoneをかき集めて撮影したものです。動画を作る時に映像の質にこだわりがちなのですが、1番最初はとにかく1本投稿することを目標にしましょう。

どんなに高画質な映像でも、再生されない動画もあります。その反対に、iPhoneで撮影したものでも1万再生を超えるものを作ることが出来ます。そんなにこだわらなくも、結果は出せるのです。

それでは早速、撮影方法を見ていきましょう。

スマホで上手に演奏撮影する方法

スマホのカメラでピアノ演奏を撮影するときは、マニュアル設定で撮影しましょう。iPhoneの場合は、カメラを「ビデオ」にして画面を長押しすると「AE/AFロック」と表示されます。

この機能は、カメラのピントと被写体を撮る明るさを、固定してくれる機能です。
カメラのピントを固定するのはわかりますが、なぜ明るさを固定する必要があるのか解説します。

まず、前提知識として覚えてもらいたいのが、カメラで写真や動画を撮る時に、取り込まれる光の量を「露出(ろしゅつ)」と言います。

丁度良い露出で撮影できれば良いのですが、光を取り込む量が多すぎると、鍵盤が白く飛んでしまいます。これを「白飛び」と言います。

上の画像は編集ソフトで、無理やり明るさを上げて白飛びを再現しています。こんな感じの映像になってしまうと、見ている人が眩しさを感じてしまいます。なんだかぼやけてますよね。

ここからが本題で、ピアノは真っ黒で大きい物体です。白いピアノもありますが、白でも黒でも言いたいことは、変わらないので、ここでは黒いピアノを例に例えます。

オート設定でピアノにカメラを向けると、真っ黒で巨大な物体を認識したカメラは、周囲が暗いと勘違いして、露出を上げます。

そうすると、必要以上に光を取り込んでしまい、上の写真の様に白飛びしてしまいます。なので、露出をマニュアルで設定する必要があります。

オートは常に丁度いい光の取り込み具合を探しています。演奏中に明るくなったり、暗くなったり、チラチラする現象に悩まされた方も居るのではないでしょうか。

そういった問題を解決出来るのが、マニュアル撮影なのです。

撮影アングル

ピアノの演奏撮影でどのアングルで撮影するか悩む時があると思います。そういう時に活用して頂きたいのが、YouTubeのピアノ演奏動画です。

既に撮影されている動画の中で、自分が素敵だなと思うアングルを覚えておき、それを真似してカメラを設置すればOKです。

ピアノ演奏をカメラ1台で撮影しようとすると、顔を写すのか、鍵盤を見えるようにするのか選択しなければなりません。横からだとどうしても、顔ははっきり見えないです。

僕の場合は、ピアノ演奏は横や斜め後ろのアングルが良いと思います。顔を写しても、面白味のある映像にならない事がほとんどです。僕自身ピアノが趣味なので、演奏者の手元が見たい派です。

三脚は高いの買うべし

これは実際に僕が使っているVelbon(ベルボン)というメーカーの三脚です。価格は20000円くらいする写真用三脚です。

なぜビデオ三脚ではないのかと言うと、ピアノの場合アングルを動かす事は基本無いので、写真用で十分だからです。もちろん私個人はビデオ三脚を持ってます。

ビデオ三脚よりも、写真用三脚の方が構造が単純なので安いです。なので、一般の方が自宅で演奏を撮影する場合は、写真用三脚で大丈夫です。

安い三脚が駄目な理由は、すごく単純ですが、位置が決まらないのです。安い3000円くらいの価格帯の三脚だと、部品がプラスチックで安く、固定してもすぐ曲がりやすいです。

何回も位置修正しても、水平に固定出来なかったり、イライラすると思うので、ベルボンかスリックあたりのメーカーで1万円くらいの製品が良いかなと思います。

あと僕が三脚を選ぶ時に重要視しているのが、水平器が付いている事です。

上の写真で緑色している部分が水平器です。三脚のカメラを置く台座のあたりに水平器があると、三脚を設置したときに、水平を取るのが物凄く楽になります。

上は別売りの小さい水平器ですが、1個3000円くらいで高い。
さらに紛失しやすいので、僕は水平器付きの三脚をおすすめします。

スマホを挟むクリップですが、できればタブレットも挟める物がオススメです。固定する部分の幅が広いので、安定性が良いです。ちなみに僕はスリックの2000円くらいのクリップを使ってます。

音質はそれなり

スマホでピアノ演奏を撮影したときに、音質が良くないと感じる方が居ると思います。
結論を言うと、これに関しては音声を別撮りしないと根本的に解決出来ないです。

僕もピアノ演奏動画の撮影・編集を良くやらせて頂くのですが、ピアノの弦から大体60cmくらいの場所にマイクを設置して、音声だけ収録して、後からカメラの音声と差し替えてます。

ピアノコンクール審査用だと、音声編集を加える事が禁止されていると思います。
別撮りまでは必要無いと思いますが、こだわるなら音声は別撮りされた方が良いと思います。

最後に

最近は色々な人が自分でYouTubeチャンネルを解説して、動画投稿にチャレンジしています。スマホとPCがあれば、世界に向けて自分の演奏を届ける事が出来ます。

僕自身も自分でチャンネルを開設して、YouTubeに投稿していますが、ピアノを通して繋がる人との繋がりは楽しいものです。

なかなか、実名顔出しでYouTubeをやる事に怖さを感じる人も居るかもしれませんが、自分のファンを作る意味でも、顔出しの方が良いと思います。僕はトラブル全くありません。

動画を投稿するときは、タイトルと説明欄のハッシュタグを設定して、サムネイルもわかりやすいものにすると有名な曲は比較的再生されます。それでも、最初は100未満だとは思います。

YouTubeの参入障壁は思っている以上に高いので、ビジネス、個人でもちゃんとやろうとすると時間と手間がかかります。いろいろ試行錯誤しながら、YouTubeを楽しんでみてください!

そして、もしビジネスで開設した場合は、ぜひ僕にご相談して頂けると嬉しいです。
ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

シェアして頂けると嬉しいです!
ABOUT US
安田 雄輝代表
当ブログは複数のライターで運営しています。大学で救急救命士取得→新卒で消防に就職→2年11ヶ月で退職→在宅診療所→輸血用血液輸送→フリーランス→自由な時間を得る。企業向けYouTube動画クリエイター兼ブロガーをしながら生きています。