最新情報はこちら

大人からピアノを始めましたが、僕は発表会出ませんという話

皆さんこんにちは、安田雄輝です。
今回は、ピアノの発表会について書いていきます。僕は大人からピアノを初めて、YouTubeでピアノレッスンを受けている様子を投稿しています。YouTubeチャンネルのコメント等で、たまに「発表会は出ないのですか?」という事を聞かれます。今現在、僕が思っていることや考えをブログに書いていきます。この考えは、現時点の物なので将来的に変わる可能性がある点については、理解して頂ければと思います。

発表会という場に興味が無い

実は「ピアノ=発表会」という概念が特に自分の中に無いです。皆さんがどうかはわかりませんが、生徒さんの中には出るのが目標という方も居ますね。僕の中でピアノは自分が楽しむ趣味という位置づけです。そして、31歳にもなると自分がどういう人間なのか、少しはわかってきます。僕は人混みが好きでは無いです。見ず知らずの人と私生活で、フランクにやり取り出来るほど、オープンな性格では無いです。なので、発表会という場所が、僕にとってストレスになるのが目に見えています。だから発表会に出ることは、今後無いと思います。僕みたいな性格の人が、安心して演奏出来る場所は作りたいですけど。ある程度コミュニティを作って、運営していくのが良いのかなと思ったりしていまます。将来は、ピアノの先生や楽器店を巻き込んだオンラインサロンとか、あるかもしれませんね!

発表会に出る目的が見えない

僕の場合なのですが、発表会に出なくても、毎回YouTubeで皆さんに向けて姿を見せています。最近は、冒頭にジブリの初心者版の曲を演奏しています。10曲チャレンジ終わるまで、毎回発表会みたいな感じですね。

ピアノの発表会は、数千円の会費を払ってホールなどで演奏をしています。僕の目線から見る景色だと、お金を払ってYouTubeの視聴者さんよりも、少数の人に見て貰うメリットが見つからないんです。YouTubeに投稿すれば無料で沢山の人に見てもらえる、そして視聴者さんからコメントも頂けます。これだけ自由に自分で発信出来る世の中で、クローズドな環境を求める意味が見つからないのです。

普段自分で発信活動をしていない方にとって、発表会はオープンの場所になると思いますが、YouTubeで世の中に発信している僕にとって、発表会の方がクローズドな場所になっています。ピアノ教室の発表会に出るよりも、実名顔出しで自分のピアノ演奏をYouTubeに投稿する方が、ハードル高いと思います。覚悟をしっかり決めないと、実名顔出しでYouTube出来ないですから。ちなみに、これは僕の肌感覚の話なので、人によっては違うかもしれません。

発表会にもメリットある

ここまで出ない理由について、ひたすら述べてきました。反論も色々あるかもしれません。「発表会にもメリットはある」「いい経験になる」など色々反論もあると思います。僕は別に発表会自体を否定しているのではなく、あくまで「僕は出ない方針です。」というお話です。出たい方は、自由に出れば良いと思います。

たまにTwitterなどで流れてくるのですが、「ピアノ、発表会、出たくない」という意味の投稿があったりします。いつも思うのですが「出たくないなら出なければ良い。」と思うのです。出るなら出るで覚悟決める、嫌なら嫌と先生にハッキリ言う。そういう意思表示が出来ない大人が居るのが不思議でしょうがないです。ピアノを趣味でやっているのに、そういうSNSで愚痴を垂れ流している方は、何が楽しのでしょうか。

楽しい発表会

ピアノの発表会ですが、僕はスイーツが大好きなので、スイーツビュッフェ併設で演奏会出来たら素敵だなと思ってます。ただ何となく、一人ひとり演奏して終わる発表会なんて、僕はつまらないので、絶対行きたくないです。飲食可能なホールに、ケータリング呼んで食事会など僕は良いです。お酒飲んでしまって、グデグデになって弾けなくてもいいじゃないかと。楽しく過ごせる場所を作るために、今までの固定概念を外せる人と一緒に企画していきたいですね。YouTubeチャンネル収益化を達成したら、実現の可能性が見えてくる!

ピアノの発表会案内に、飲食のメニュー表なんて添付したら栄えますよね。人が集まらない発表会も食欲に促進されて、色んな人が来るかもしれません。実はこの発表会の案内に、飲食のメニュー表を付けるアイデアは、既に別の企業様へお伝えしたことがあります。

という訳で、今現在のピアノ発表会についての方針でした。
こんな事言いながら、来年普通にどこかの発表会出てたらごめんなさい。笑
ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

シェアして頂けると嬉しいです!
ABOUT US
安田 雄輝代表
当ブログは複数のライターで運営しています。大学で救急救命士取得→新卒で消防に就職→2年11ヶ月で退職→在宅診療所→輸血用血液輸送→フリーランス→自由な時間を得る。企業向けYouTube動画クリエイター兼ブロガーをしながら生きています。