最新情報はこちら

MacBook Pro買うときストレージ容量どれにするか悩んだ話【結論:1TBで良かった】

皆様こんにちは、安田雄輝です。

MacBook Pro買う時に、ストレージ容量を選べますよね。
ストレージが少なすぎると困るし、でも多いと値段が高くなる。

一体どのストレージ容量が丁度いいのか。

僕は2019年モデルのMacBook Proのストレージ容量「1TB」で購入しました。
結論を言うと、動画編集やるにも不足はなく丁度良かったです。

今回は、なぜ「1TB」にしたのかを書いていきます。

1TBのMacBook Pro

パソコンを買う時に、悩むのは値段と性能です。作業中にカクカクなるのはストレスですよね。保存したいものが容量不足になるのも嫌。予算の許す限りハイスペックにしたいのが本音。

MacBook Pro16インチのストレージ容量別値段

・1TB 0円
・2TB +56,000円(税込み)
・4TB +140,000円(税込み)
・8TB +308,000円(税込み)

デフォルトが1TBです。なんとなく2TBか4TB行きたくなりますよね。
でも、冷静に考えるとそこまで必要ではない。

動画編集パソコン

Premiere Pro、ダビンチリゾルブ、Filmora、Photoshop、Illustratorなど、様々なソフトを入れています。今、パソコンのストレージ容量は429.12GBです。500GB以上の空きがあります。

壊れたときのリスク

パソコンのハードディスクはいつか壊れます。Macは突然逝くイメージ。
1台のパソコンに「2〜8TB」も保存しておくのはリスク高すぎだと思いませんか?

基本的にパソコンが壊れても大丈夫なように、外付けのHDDにデータ類は保存するべき。
5TBのLaCie製外付けHDDを2台ミラーリングさせてデータを管理しています。
≫LaCieのHDDはこちら

自宅の外付けHDD

外付けHDDの方が安い

LaCie5TBのHDDは今Amazonで調べたら、23,700円で買えます。2台買っても5万円未満です。もしストレージ容量が足りなくなったら、外付けHDDで増やせば問題ないです。

というわけで、こんな感じで考えてストレージ「1TB」にしました。
結果的に満足しています。MacBook Pro購入の参考になれば幸いです。

シェアして頂けると嬉しいです!
ABOUT US
安田 雄輝代表
当ブログは複数のライターで運営しています。大学で救急救命士取得→新卒で消防に就職→2年11ヶ月で退職→在宅診療所→輸血用血液輸送→フリーランス→自由な時間を得る。企業向けYouTube動画クリエイター兼ブロガーをしながら生きています。